.

クルマに乗っている人であれば承知していると思いますが自動車税を支払う義務があります。ハワイ旅行記&持ち物準備のコツ

それで自動車税は査定に出す愛車買取の際に返還されるお金なのです。ハワイ旅行記

これって現実に実行してみると理解できますがそれでは最初から流れを分かりやすく案内することにしましょう。

あえて注意書きしておけば、日本の車だけでなくイタリア車も戻ってくる対象に決まってます。

当然愛車もそうです。

自動車税というのは自動車の所有者が払わなければいけない税金ですが、自動車の排気量の大小によって規定されています。

1リッターより小さいのであれば29500円、1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円。

これ以降は500cc刻みで5000円ずつ増えます。

自動車税は4月1日現在ので車を所有している人が、今年度の全額を払う決まりです。

ということは先払いということなので当然自動車を買取してもらって所有者でなくなった場合は先払いした分のお金は還ってくる事を意味します。

税というのは先払いで年度内の金額を納付するので、一年以内に愛車を引き取ってもらった場合には、新しいオーナーがお金を負担するのです。

売却相手が専門店ならば、売却時に自分が先払いしている分のお金を返金してもらえます。

要は所有者でなくなった瞬間からの税は入れ替わった保有者が支払わなければならないのです。

あなたが10月のうちにクルマを売却した際は、11月以降次の年の3月の間までの払ったお金は還付されます。

というのも、前も述べた通り自動車税というのは前払いであるという事実からも明らかです。

つまり売却者は売却相手に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。

個人間で愛車を買い取ってもらうときに意外にこのような大事な事実に気づかない方が多くいるので、確認するようにしてください。

自動車税という税金は自動車の売却で返金されるという知識を意外に知っている人がいないからと言って、それを言わない買取業者もいます。

こちらから税金について話を切り出さなければ、一切自動車税のことについて言わないという場合もよく聞かれます。

そのため自動車の買い取りを頼む際には、払いすぎた税金が戻ってくることを確認することをおろそかにしないようにしなければなりません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 northbuffalochurch.org All Rights Reserved.